様々なご相談に対応いたします

調査事例 | さくら探偵社 | 探偵へのご相談なら名古屋に拠点を置く事務所へぜひ一度ご相談ください

Case

調査事例

浮気・不倫調査

AdobeStock_275035407

夫の浮気の場合(特定場所から自宅まで)

パートナーが不倫をしているかどうかを自分だけで調べることは難しく、証拠を探すことは大変です。自分ひとりで浮気や不倫を調べるのは限界があり、パートナーにも知られてしまう可能性もあり、関係をこじらせてしまうこともあります。さくら探偵社では事前に無料相談と見積もりをすることによって、お客様に必要な調査をご納得いく金額でご提案しております。浮気相手の所在を確かめることや、不倫現場を見つけ写真などの証拠を掴んでご依頼者に報告書としてお渡し致します。報告書は裁判などにも使うことができるので、ご依頼者の有利な方向に進めることが可能です。お気軽にご相談下さい。アフターサービスなども行っております。ご依頼者のしたいことをサポートさせて頂きます。依頼者が法律が詳しくない場合にも弁護士の紹介も行っています。
AdobeStock_85701919

調査事例

・依頼内容

夫が残業や休日出勤が増えてから、態度がおかしく冷たくなったり喧嘩をしたときに直ぐに離婚と言うようになった。ある日夫のLINEを見てしまい浮気が発覚、小さな子供もいるので離婚は考えていないが、もしもに備えて証拠だけは押さえておきたい。


・調査報告

1日目(火曜日)18時より調査を開始し、20時頃にご主人の退勤を確認、最寄りの駅から地下鉄に乗るが自宅とは反対の路線に乗車、市外の駅で降車し徒歩にて住宅街のファミリーレストランに入り、先に中にいた女性と接触し談笑しながら2時間食事をする。
同店を退店し住宅街を手を繋ぎながら二人で歩き、女性宅と思慮されるマンションに送り届けて離別、ご主人は電車に乗車し22時45分に帰宅し調査を終了する。
2日目(金曜日)18時より調査を開始し、21時頃にご主人の退勤を確認するが、同僚と思慮される同年代の男性と一緒である。徒歩にて会社より15分ほど歩いた居酒屋に入店、23時の段階で他に合流する人物が無く、奥様に帰宅のメールがあった為、奥様の希望にて調査を終了する。
3日目(日曜日)10時より自宅にて調査を開始、10時20分頃に自宅を出て自家用車にて走り出る。1日目の女性宅付近の路上にて女性を拾い再び発進、高速道路を使用し観光施設に入館、その後昼頃に退館しコンビニにて食品や酒類を購入し、ラブホテルに入る。6時間の滞在後、二人でホテルを出て、女性を自宅へ送り届け、ご主人が帰宅した為、調査を終了する。
依頼者である奥様の希望により、当事務所の行政書士により、女性に対し「不貞行為による慰謝料の請求を記した内容証明郵便」を送付、夫との話し合いの為の「誓約書」を作成した。後日、夫は不貞を認め、反省とやり直しを希望した為、誓約書の内容を「公正証書」にし、和解を成立させた。
尚、相手女性は代理人を介し、慰謝料の支払いに応じた。

結婚調査

pixta_27854746_M

交際相手(婚約者・結婚相手)の場合

結婚を約束した恋人が実は結婚をしているのではないか、婚約者にお金を貸しているようだけど、大丈夫なのかなど結婚調査をしてほしいという依頼もお受けしています。このようなパターンの相談内容も近年増えております。メールや電話でのお問い合わせもOKです。匿名などで相談もできますので、まずはお問い合わせを下さい。独身と思ってお付き合いしていた恋人が実は既婚者であったという事実は大変辛いですが、不倫関係となり、世間的にも制裁を受ける立場で、自分の家族も傷つけることになります。そのような事を避けるためにも、結婚調査は必要になります。調査結果に関しても証拠写真を貼付して分かりやすい報告書をお渡しします。日時や場所などの詳細もわかりますので、安心してご依頼ください。色々悩むよりも一度ご相談ください。
img_bg17

調査事例

・依頼内容

28歳の息子が結婚相手として連れて来た32歳の女性について、息子には内緒で調査依頼。少し相手女性が年上であり、自宅に来た時も決して好印象という訳ではなく何か引っ掛かる所もあったとの事である。また、それから1週間後ぐらいに息子からお金を貸してほしいと言われ、以前貯金をしていると言っていたのにおかしいと感じた事があった。もし相手の女性にお金を貸したり、貢いでいる様子があるのなら別れさせたいと依頼者様は考えている。


・調査報告自宅周辺での聞き込みの結果、1ルームのアパート住まいであり、近隣との付き合いはほとんど無く、洋服店で店員をしていると聞いていたが、毎朝出勤している様子も無いとの事である。時折、部屋には複数の男性が出入りしているのを見ると言うが、その内の1人が依頼者様の息子であったとしても、他に交際している男性がいる可能性が高い。後日、依頼者様から素行調査の追加依頼があり、情報の勤務先から調査開始。一応、勤務先に在籍している様子であるが、毎日出勤している様子ではなく、出勤確認が取れた2日間の調査を行なう。

1日目、勤務終了後、友人と思われる同年代の女性と食事をして、深夜2時ごろ帰宅。

2日目、勤務終了後、「○○ビル」2階に内在するスナック「○○」へ入っていく。店内の様子を窺うと、女性がホステスとして勤務しているのを確認。洋服店が休みの前日は同スナックでバイトをしている様子である。

3日目、昼から「○○」宅へ入っていく。同状況より、同所は女性の実家である様子である。1時間後、女性と母親、5歳程度の男児が車輌で出てくる。その日は周辺のホームセンターやドラッグストアで買い物をした後、実家へ帰宅。買い物中、同男児が対象者を「ママ ママ」と呼んでいた事から男児が対象者の子供である可能性が高い。後日調査にて、同男児が女性の息子である事を確認、また2年前に離婚しており、同男児はその時の夫との間に生まれ、現在は女性の両親が主に面倒を見ている事が判明。

その他のトラブル

行方家出調査・盗聴盗撮対策・いたずら嫌がらせ対策・いじめ対策

pixta_50572135_M

ストーカー・嫌がらせ、詐欺・被害関連、海外調査、裁判資料・証拠収集調査

さくら探偵社では行方家出調査、盗聴盗撮対策、いたずら嫌がらせ対策、いじめについてのご相談、調査を受け付けております。これらのトラブルは人間関係のもつれが原因といえます。しかしその他に関するトラブルの相談もよく伺います。
AdobeStock_231278431

例えば自宅の郵便受けや玄関などがあらされる、近隣住民とのトラブルを抱えているなどの事例です。このような場合は事態が悪化すると事件に進展する可能性が否定できないため軽視することはできません。また最近増えてきているのはいじめに関する相談です。年々いじめの内容は恐喝や暴力事件と呼べるような悪質で残忍なものへと変化を遂げており、刑事事件としての立件を視野に入れた調査が必要になることも考えられます。探偵というと特別な存在で自分には無縁だと思う人もいますが、実は日常生活でありがちなトラブルの解決に有効活用してもらえる身近な存在だと思っています。困った時は第三者の意見を取り入れてみるのも有効かもしれません。お話をお聞かせください。
  • pagetop